【良書】「DIE WITH ZERO/人生が豊かになりすぎる究極のルール」

良書のススメ

「ゼロで死ね!」という衝撃的なタイトル!

今回ご紹介するのはこちらの本です。

主にはお金を稼ぐために仕事人間になっている人にお勧めです。

「ビューティーマネーブログ」では、老後の資金など、

将来必要であろう資産を蓄えるために、

1.目標設定
2.価値観の明確化
3.支出の抑制(無駄を省く)
4.ミニマム主義

について解説してきました。

これらは、決して貧乏生活を強いるものではありません。

自分の目標を達成するために、価値観を明確にして、

必要な物にお金をかけ、不要な物を削っていく、

すなわち、美しくお金と付き合っていくことを目指しています。

ビューティーマネー講座は、他人に惑わされることなく、お金の心配のない優雅な生活を送ることができるようになる、実用的な面と精神的な面の充実を学ぶ講座です。お金の問題は、ご家庭の状況により異なるため、一概に答えを見つけることはむずかしいです。そこで、これまでのお金の知識や経験を活用して、お客様に最適な方法で解決に導いていく講座です。

ぜひ一度お問合せください。

一方で、この本は「ゼロで死ね」と言っているように稼いだ分だけ全部を使いきれと言っているように聞こえますが、本質的な考え方は共通している点も多く、非常に興味深い内容です。

是非読んでみてください。

本書で紹介されている重要な点は以下の通りです。

スポンサーリンク

1.喜びを先送りにしてはいけない

余命宣告された時を考えてみましょう。限られた時間の中で、自分のやりたいことをやりきるのは大変なことです。死を意識したときに大切なことやりたいことに気づでしょう。おそらく、皆さんは何かに追われた忙しい毎日を送っていると思います。それは、生活を支える資金を得るために必要なことです。この生活が定年まで(自分が仕事を続けると予定している期間まで)持続することを想定して、皆さんは仕事を進めていると思います。ですが、本当に自分の想定している期間、現在の状況を維持できますか?

・病気になる
・交通事故にあう
・家族とわかれる
・会社を退職する
・会社が倒産する

特に、病気になったり交通事故にあったりして、残された命に制限ができたとき、仕事以外の本当にやりたかったことができなかったことへの後悔が湧いてきます。
現在の生活は無限ではありません。忙しさにかまけて、本当にやりたいことを見失わないようにしましょう。

上記の映画で、バケットリストについて紹介しましたが、この映画に出てくるエドワード(ジャックニコルソン)がまさに当てはまります。お金を稼ぐために、家族や友人、同僚を犠牲にして大金持ちになりましたが、余命宣告をされたとき、むなしさがよぎります。資産を形成するために金の亡者になっては、本当に必要な物を失ってしまいます。

そのような状況に陥らないために、自分が何がやりたいのか、何が重要なのか、価値観をしっかりと把握しておくことが重要です。そして、お金を使うところは使う、不要な物は除く、ということを進めることで自分の目標の実現が近づいてきます。

2.人生で一番大切なのは思い出作り

人生で最も価値のあるものは何でしょうか?おそらく人それぞれ異なるとは思います。あなたにとって、大切な物は何か、一度考えてみてください。

お金は生活する上では必要な物です。ただ、お金を得ることが目的になっては本末転倒です。お金はあくまでも、生活していくうえで、あるいは目標を達成するためのツールでしかありません。

この本では、人生で一番大切なのは、「思い出」と言っています。人生は経験の合計である、経験の豊かさが人生の成功である。老後を迎えると身体を動かすことができなくなってきます。そのため、身体をフルに使った新しい経験をすることは難しくなっていきます。しかし、思い出で楽しむことはできます。写真やビデオを見ながら、過去の思い出を思い出し、別の視点から新たな経験を志向することもできます。ですので、若いうちから浪費ではなく、経験になるようなことにお金を使うべきと、この本では述べられています。

死ぬときに、ぴったりゼロにするのはむつかしいですが、多くの資産を残して死んでも意味がありません。それよりも、より多くの経験を現世でする方がよっぽど価値のある人生を送れます。

ミニマリズムが言っているのも、本質的には一緒です。ミニマリストは単なる節約家、ケチではありません。物にあふれた世の中で、無駄な物を省き、必要な物・価値のあるものに集中して生きることがミニマリストの本質です。

3.お金を稼ぐだけに費やした時間は戻ってこない。

好きなことを仕事にできている人は、仕事に時間を費やしてもよいかもしれません。ただ、お金を稼ぐことを目的に仕事をしている人は注意が必要です。ほかにやるべきことを犠牲にして仕事に時間を費やすと、後悔することもあります。もちろん、仕事することにより莫大な資本を得ることで可能となることもあります。でも、時間を取り戻すことはできません。

今やっている仕事は楽しいですか?
働くことが習慣になっているだけではないですか?

自分に問いただしてみてください。そして、仕事は仕事で集中して進めて、自分の本当にやりたいことを進めていきましょう。

まずは、DIE WITH ZEROを読んでいただき、自分の価値観・生き方を踏まえてお金との付き合い方を考えてみましょう。
理解できたけど、活用方法がよくわからないという方は、ぜひ「ビューティーマネー講座」の受講をご検討ください。

ビューティーマネー講座は、他人に惑わされることなく、お金の心配のない優雅な生活を送ることができるようになる、実用的な面と精神的な面の充実を学ぶ講座です。お金の問題は、ご家庭の状況により異なるため、一概に答えを見つけることはむずかしいです。そこで、これまでのお金の知識や経験を活用して、お客様に最適な方法で解決に導いていく講座です。

ぜひ一度お問合せください。


ではまた!

タイトルとURLをコピーしました