【BML237】成功するために夜やるべきこと

人生のススメ

忙しい一日が終わって、あなたは何をして過ごしていますか?

疲れた、といって、お風呂に入って寝る。そんな毎日を過ごしている人は家に帰ってやるべきことをこの本で学んで、人生を良い方向に向けていきましょう。本書では、一流の人は夜が違う、ということを解説してくれます。夜にやるべきワークが書かれている良書ですので、ぜひポッチっとしてみてください

朝活の良さは以前解説しました。

【BML021】朝活のススメ!趣味や特技に自分の時間を確保する
朝活って知ってますか?就寝時間、起床時間を少し早めて、集中力の高い朝に、やりたいことをやることです。昼間は仕事があるし、夜は残業、疲れて帰ってテレビにて寝る、という生活を続けているとなかなか時間が作...

朝だけではなく夜もかい!と思うかもしれませんが、一日の活動をしめるのに夜のワークは重要です。

1.最高の自分に生まれ変わる

①ただいま、と言ってから家に入る

あなたは家に入るときにただいまと言っていますか?家族が家で待っていれば、ただいまという方も多いかもしれません。一人暮らしだとまず言わないですよね。

一般的には「ただいま」は「ただいま帰りました」とほかの人に伝えるための言葉です。でも、実は違う意味を持っているのです。

今日1日頑張った自分へのご苦労様という労い:セルフトーク
脳や心、身体を家モードに切り替えるスイッチ:スイッチオフ

家に帰っても切り替えができないと、気持ちが張った状態で疲れが取れません。ただいまという言葉に上記のような労いとスイッチの働きがあると思って、たとえ一人暮らしでもただいまというようにしましょう。

家に帰っても外での戦闘状態のままだと、交感神経が優位に働き続けます。これは、家に帰ってゆっくりするつもりでも張りつめた状態です。どんな大変な日だったとしても、ただいまという言葉で、スイッチをオフにする、という習慣をつけましょう。家での時間は翌日のエネルギーを蓄える時間でもあります。これをしっかりやることでオンの時間の能力を十分に発揮できます。

スポンサーリンク

②うまく行かなかった日はしっかりとリセットする

失敗は誰にでもあります。今日がどんな日だったとしても、明日は必ずやってきます。翌日に絶対に引きづらないために、しっかりとリセットすることが重要です。

家に帰ったらリラックスする!
落ち着ける場所に腰を下ろす!
今日一日を振り返る!
なぜ、今日失敗したかを考える、そして解決策を導く!

これをやることで、残念な結果を導き出した行動と対策が明確になります。対策が明確になったら失敗したことのすべてを忘れましょう。マイナスな感情のままでいると、良い行動の記憶が薄れてしまうように人間の脳はできています。潜在意識がネガティブな状態で寝ると次の日も引きずります。

もちろん、失敗したことに対して一度よく考えて、なぜ失敗したのか、どうすれば同じ失敗をしないかを考えることは人が成長する過程で必須です。その後、引きづってはだめです。

③怒りの感情を手放す

どんなに立派な人でも怒りの感情は生まれます。重要なのは、怒りを自分の中で生じさせないようにするのではなく、マイナス感情が生まれたときにどう対処するか、です。

成功した人は自分の感情をコントロールするのが素晴らしく上手です。自分に起こることは自分が引き寄せたこと、と考えることで、気持ちが落ち着きます。他人のせいにしてしまうと、いつまでたってもマイナス感情はなくなりません。

起きたこと、起きた感情をそのまま受け止める。どんな結果でも安らかに受け入れ、どんな違う意見でも否定することなく受け入れ、今できうる最高の行動をとれると、人生が好転していきます。

2.人との関係が良くなる

①仕事と関係ない人と会う

1人でできることは限界があり、人とかかわる必要があります。人間関係につかれたときに、一人になるのではなく、仕事と関係ない友人と会うようにしましょう。バカ騒ぎができる、仕事のことを考えなくていい、心の通じ合った友人と話をすることで人疲れのデトックスができ、次の日はリラックスした状態となります。

家族との会話も重要です。家族、恋人、友人など仕事を忘れさせてくれる人と会うのが有効です。週に一度は仕事と関係ない人と過ごす時間を作るようにしましょう。

②今日出会った人たちに感謝する

成功者の多くが感謝を伝えることを習慣にしています。コロナ渦で人に会えなくても、心の中で感謝する、これにより、心がプラスの方向へと変わっていきます。

周りに不平不満を持ち毒をまき散らせば評判は悪くなり、仕事の業績も低下していきます。

以前、歩行禅のススメを紹介した際も、感謝と懺悔を繰り返しながらあることとを紹介しました。これにより、心の重荷から解放されます。感謝は人に向けて発するものですが、これは自分のためにもなるのです。

【良書】歩くだけで不調が消える「歩行禅のすすめ」
心と身体は密接につながっています。心の不調を回復させるためには身体を動かすことも重要です。今回は、「なんか最近調子がわるいなぁ~」と感じている方に...

ここで、家に帰って夜に感謝することがポイントです。すべての成功は人によって与えられたもの!意識して感謝する時間を作ってその日に出会った人に感謝の気持ちを持ちましょう。

スポンサーリンク

3.心を元気にする

①明日はいい一日になると決めてしまう

明日はよい一日だということを想像すれば、良い一日になる可能性が高まります。これは、スポーツ選手がイメージトレーニングをするのと一緒です。脳は実際の経験と想像の経験を区別することが苦手な構造になっています。いい一日と想像することで脳はその準備を始めます。

②今日も生きている幸せを感じながら眠りにつく

今日という日を命がけで暮らしている人が世界にはいます。平和な日本、教育、食べ物、についても不自由がない。この環境に慣れてしまうと感謝の気持ちが薄れてしまいます。

私たちは生きているのではない、生かされているのです。今日も生きていることに関して感謝して寝る。そうすると1日、1日の重要性が理解できるようになります。

ではまた!

ビューティーマネー講座は、他人に惑わされることなく、お金の心配のない優雅な生活を送ることができるようになる、実用的な面と精神的な面の充実を学ぶ講座です。お金の問題は、ご家庭の状況により異なるため、一概に答えを見つけることはむずかしいです。そこで、これまでのお金の知識や経験を活用して、お客様に最適な方法で解決に導いていく講座です。

ぜひ一度お問合せください。

タイトルとURLをコピーしました