【良書】人はなぜ他人を許せないのか?正義中毒について

人生のススメ

最近ネットなどによる匿名での誹謗中傷、炎上、コロナ自粛でのマスク警察など、他人に攻撃的な言動をするという話をよく耳にします。特に日本は社会性を重んじる国民性なので、従来よりこういった行為はあったのではないかと思います。ただ、情報化社会となり、他人に意見を言う機会が増えたこともあり、こういった他人への攻撃が集団化してしまっているのではないでしょうか?

なぜ我々は他人を許せないのか?

多様化が叫ばれ、いろいろな考えの人が世の中にいることを認識し、共存していかなければならない社会になろうとしています。このような他者への攻撃は、一見正しい主張をしているようで、実際は世の中をよくすることにはなっていない場合も多々あります。

自分は自分の正義を守ればよいし、他人にはそういう考え方もあるんだと認めてあげれる、そんな器の大きい人になりたい方にお勧めの書籍です。

本書について、具体的に以下の項目について解説していきます。

スポンサーリンク

1.正義中毒とは

人は他人に正義の制裁を与えることで快楽を得る動物であると著者は言っています。では、なぜ人は他人に正義の制裁を与えると快楽を得るのか?その答えは、私たち人は社会的な生き物であるため、裏切り者、違反者を排除する本能が発達しているから。

人類の歴史を見てみると、

狩猟採集の時代:2,500,000年
農耕時代:10000年
産業革命:250年

と、多くの時代を狩猟採集として生活してきました。狩猟採集は一人ではむつかしく集団で行動しなければ生活が成り立ちません。そこで、人はコミュニティーを形成する中で生活を営んできました。すなわち、人は社会的な生き物なのです。人は協力することで狩猟を成功させてきました。その中で 裏切り者、ルールを守らない人、利益を独占する人を排除する能力にたけてきたのです。

この中で、他人に正義を振りかざして快楽を得る、という習慣が身についたのです。特に、過剰に人を許せなくなる症状のことを「正義中毒」と呼んでいます。

正義を振りかざし、あなたは間違っていると他人を攻撃して、周りから賛同を得ることにより快楽に陥ってしまうのです。もちろん、身近な人を思って、その人を良くしようと思って注意することは良いことです。ただ、正義中毒に陥ってしまうと、自分は正しい、相手が間違っているという考えで集団で個人や一つの団体を攻撃してしまうのです。

ネット社会になり、このような傾向が強くなってきています。今一度自分の行動を改めてみようと思いました。

2.日本社会の特殊性

日本人は比較的正義中毒に陥りやすい民族です。元来災害が多い島国である日本は、コミュニティーを形成した社会生活が他国よりも根強い傾向があります。すなわち、社会性が強い傾向にある国なのです。そのため、より集団の生活を重視する国民性です。

災害時は地域で協力して生活しなければなりません。また、島国であるために、多様性よりも社会性を重んじるように生活してきたのです。

このような日本人は「他人への気遣いができる」、「集団行動が得意」などのメリットがある半面で「裏切り者を許せない」という感情も強い国民性です。そのため、「日本人は正義中毒に陥りやすい」と考えられます。ただし、世界の動向は「多様性重視」です。他者を尊重する考え方も徐々に持つようにしていきたいものです。

スポンサーリンク

3.正義中毒への対抗策

正義中毒に陥りやすい人は
・多様な価値観を受け入れられない
・合理的に物事を考えられない
といった人が多いです。

そんな人は、正義をどれだけ振りかざしても、実は他人を許さないことで得られるメリットはあまりない、ということを認識するべきです。

逆に、多様な価値観を受け入れる、合理的になることで、いろいろな情報や考え方を身に着けることが可能になります。また、お互いを認めて高めあえる社会が実現できます。

このような正義中毒を克服するには脳の前頭前野を鍛えることが重要と著者は言っています。ただし、脳の発達は20代までなので、20代までは前頭前野を鍛えることを、30歳以降は若く保つことを考えて、以下を実行してみるとよいそうです。

①新しい経験を積極的にする

いつもと違う道、いつもと違う店、いつもと違うメニューなど、小さいことでよいそうです。毎日同じ行動をするのではなく積極的に新しい経験をすることで、前頭前野に刺激が与えられるそうです。

②余裕を持つこと

生活に余裕を持つことが、脳の活性化には効果的です。特に寝不足や人間関係がうまく行っていないと脳の活動が低下してしまいます。そのため、きちんと休息の時間を持つ、気分をリフレッシュさせるなどが重要となってきます。

ヤーキーズ・ドットソンの法則によると、ストレスが低いと意欲低下し、高いとオーバーヒートして、いずれの場合も、効果的な脳の活動がむつかしくなります。適度なストレス状態の中で集中することで、脳の活性化に役立つそうです。そのために、自分なりのストレス解消法を持ったり、休息を持つことで生活に余裕を持ち、前頭前野を活性化できるそうです。

③食事と睡眠を整える

食事に関しては、オメガ3脂肪酸をとることが脳の活性化には効果的だそうです。そのため、サケ、マグロなどの青魚、貝、ナッツなどをとるとよいそうです。

睡眠に関しては、毎日6~8時間の睡眠時間を確保し、昼寝の時間を設けることが良いそうです。

コロナ自粛などもあり、なんかぎすぎすした世の中になってきています。本書を読んで、ぜひ正義中毒から脱却し、いろんな価値観を共有できる世の中になればと思います。

ではまた!

ビューティーマネー講座は、他人に惑わされることなく、お金の心配のない優雅な生活を送ることができるようになる、実用的な面と精神的な面の充実を学ぶ講座です。お金の問題は、ご家庭の状況により異なるため、一概に答えを見つけることはむずかしいです。そこで、これまでのお金の知識や経験を活用して、お客様に最適な方法で解決に導いていく講座です。

ぜひ一度お問合せください。

タイトルとURLをコピーしました