【BML567】避けて通れないインボイス制度,そもそも消費税とは

ひとり起業家の会計

こんなお悩み、ありませんか?

最近やたらと騒がれているインボイス制度、

私にも関係あるんだよね、、、。

インボイス制度、2023年10月から始まりました。

この制度を理解するには

簡単に消費税のおさらいが必要になってきます。

気づいたら消費税が10%になっていますが、

生まれた時はまだ消費税はありませんでした。

スポンサーリンク

いまは基本10%ですが、

軽減税率もあって、食品には8%という消費税率で計算されます。

インボイス制度の理解には消費税の知識がどうしても必要です。

そこで、消費税のしくみ|国税庁www.nta.go.jp

なんか難しいよね。

何が独特か、というと、

消費税は税金を負担する人と、税金を納める人が異なる、ということです。

コンビニで、100円のものを買うときに、8円(もしくは10円)の消費税が足されて、レジで払うのは108円だったり110円だったりする。

この8円を納めるのは、物を買った私、ではなく、コンビニの経営者です。

税の負担者と納税者が異なる独特な税金でした。

スポンサーリンク

小さい商店で

「消費税はいただいていません」

という表示を見たことありますが、

もう前提が間違っている!!

あなたが消費税を受け取るのではありません。

あなたは

ただただ、消費者であるお客様から消費税を預かるだけなんです!

といいたくなりました。

シンプル会計で会社と社長の両方にお金を残すSimple Money Office
3つの秘密の裏技を使いこなすシンプル会計で会社と社長の両方にお金を残します。会社の数値をリアルタイムに把握してシンプルでわかりやすい経理で儲かる会社を作りましょう。

ぜひ一度お問合せください。

タイトルとURLをコピーしました